業務連絡に役立つチャットシステム!機密事項の漏洩も防ぐことが可能

記事リスト

稟議のIT化について

女性

製品を比べて導入する

企業では様々な事項が決裁行為を通じて、担当者から起案したものを上司承認されていますが、これもIT化しやすい業務なのです。決裁業務は会社で規定されたルールに基づき、その決裁権を持つ方が承認するという単純作業でもあるのが、その理由になります。この決裁業務がIT化されるときに利用される仕組みを、ワークフローと呼ぶことが多く数多くの製品が存在します。ここではこのワークフローを導入する際に、自社に一番あっているものを比較検討するなかで、考えていく必要があるものを纏めていきます。まず最初にワークフローを導入する目的は何かということを、明確化するのですが、最近ではどこでも決裁ができるということに着目する企業が多いのです。出張中はもちろん在宅勤務も可能になってきていますので、あらゆるデバイスで承認できる製品のほうが良いのです。また製品を比較する際には、コンサルティングも可能かどうかをその考慮点にいれると、業務移行が用意になります。これは稟議といえどもそのルールによっては無駄な内容があったり、承認ルールに一貫性がないこともあるのです。こういった問題点を把握し、ワークフローシステムに移行できるようにコンサルティングしてくれるサービスもついている方が良いのです。もちろん最近ではホームページで比較検討できるサイトもありますので、事前に確認しておいてから、企業にコンタクトするのも、良い方法です。このようにワークフローシステム導入時には、十分比較検討する必要があるのですが、自社の稟議システムを見直すことが重要なのです。

Copyright© 2018 業務連絡に役立つチャットシステム!機密事項の漏洩も防ぐことが可能 All Rights Reserved.